「書く」ことは内省的な活動です。
プロジェクトを通して伝えたい自分の考えを「書く」ことで、”自分の伝えたい思い”を形にしていきます。

自分の思いをストレートに伝えられる人もいれば、うまく伝えられない人もいるでしょう。
そんな様々な立場の相談者に寄り添える指導をしたいと考えています。書いたものをチューターが丸々修正・添削するようなことはしません。

むしろ「相談者」の思いをうまく伝えられるようなアドバイスをしたり一緒に問題の解決策を考えます。またアカデミックライティングの基本的な知識も提供します。
授業で習った内容にプラスアルファ(もしくは補完的な..)の知識です。ここに来たら、プロジェクトがちょっと前に進んだ、自分のテキストが前より良くなった・・を目指しています。

チューターの紹介はこちら